防衛省 市ヶ谷地区庁舎 A・B・C・D・E1・E2・C3棟

calendar

左からB棟、C棟(C1棟 、C2棟)、A棟、D棟、E1棟、E2棟。B棟の足元に緑の屋根部のみ見えるのがC3棟。
A棟屋上には自衛隊が運用している大型ヘリCH-47 チヌークが着陸可能な許容最大重量:22.680tの大型ヘリポートが2面設置されている。

ビル名防衛省 市ヶ谷地区庁舎 A・B・C・D・E1・E2・C3棟
所在地東京都新宿区市谷本村町5-1
用途官公庁
構造S造, 一部SRC造(A・B・C・D・E1・E2棟:S造一部SRC造、C3棟:SRC造)
階数①地上19階/地下4階、②地上10階/地下4階、③地上9階/地下4階、④地上10階/地下1階、⑤地上10階/地下1階、⑥地上5階/地下1階、⑦地上2階/塔屋1階/地下5階(①A棟、②B棟、③C棟、④D棟、⑤E1棟、⑤E2棟、⑦C3棟)
工作物等を含む
最高部高さ
220m(防衛省市ヶ谷無線鉄塔(B棟RFより高さ176.000m)含むB棟高さ)
高さ86.85m(A棟高さ)
建築物高さ25.5m(GLよりC3棟高さ)
敷地面積216,993.31㎡
建築面積①6,798、②2,983、③2,586、④3,455、⑤3,286、⑥1,606、⑦3,445.08㎡(①A棟、②B棟、③C棟、④D棟、⑤E1棟、⑥E2棟、⑦C3棟)
延床面積①112,761、②38,052、③32,813、④35,425、⑤32,335、⑥8,535、⑦26,691.86㎡(①A棟、②B棟、③C棟、④D棟、⑤E1棟、⑥E2棟、⑦C3棟)
建築主東京防衛施設局
設計日建設計
施工A棟:大成建設JV、B棟本体:(不明)、B棟鉄塔:清水建設、C棟:(不明)、D棟:鹿島建設JV、E1棟:竹中工務店JV、E1棟:(不明)、C3棟:清水建設・東急建設・松村組共同企業体
竣工年月①1999年06月01日、②1996年09月30日、③1996年09月30日、④1999年12月17日、⑤1999年12月17日、⑥2000年03月27日、⑦2007年12月28日(①A棟、②B棟、③C棟、④D棟、⑤E1棟、⑥E2棟、⑦C3棟)
基準階階高①4,050~9,500、②4,000~6,000、③4,000~5,500、④4,000~5,500、⑤4,000~5,500、⑥4,000~5,500、⑦5,500~7,000mm(①A棟、②B棟、③C棟、④D棟、⑤E1棟、⑥E2棟、⑦C3棟)
エレベーター数①22、②7、③8、④8、⑤7、⑥1、⑦2基(①A棟、②B棟、③C棟、④D棟、⑤E1棟、⑥E2棟、⑦C3棟 [A棟]乗用24人乗り240m/分:8基、乗用24人乗り150m/分:8基、乗用8人乗り60m/分:2基、乗用24人乗り30m/分:1基、非常用兼人荷用24人乗り150m/分:2基、非常用兼人荷用9人乗り105m/分:1基 [B棟]乗用15人乗り150m/分:4基、非常用兼人荷用24人乗り105m/分:1基、非常用兼人荷用17人乗り105m/分:1基、乗用4人乗り60m/分:1基(鉄塔用) [C棟]乗用15人乗り150m/分:6基、非常用兼人荷用23人乗り105m/分:1基、非常用兼人荷用17人乗り105m/分:1基 [D棟]乗用20人乗り150m/分:6基、非常用兼人荷用17人乗り105m/分:2基 [E1棟]乗用20人乗り150m/分:4基、非常用兼人荷用17人乗り105m/分:2基、乗用4,500kg60m/分:1基 [E2棟]乗用15人乗り60m/分:1基 [C3棟]乗用11人乗り60m/分:1基、非常用兼人荷用17人乗り60m/分:1基)
駐車場台数200台(A棟地下機械式立体駐車設備)
所在地(MAP)

この記事をシェアする